志摩市阿児アリーナにおいて 志摩スポーツコミッション共催のもと、Vリーグ岡山シーガルズ バレーボール教室が開催され、市内外から多くの方にお集まり頂きました。

ロンドンオリンピックに続き、リオオリンピックにも出場された、志摩市出身の山口 舞選手と、桑名市出身の宮下遥選手も来てくださり、練習試合や青白戦が行われました。

練習試合では、全日本クラブカップ選手権の全国大会にも22回出場している、志摩市のバレーボールチーム「志摩クラブ」との熱戦が繰り広げられ、観客から大きな声援がとんでいました。  岡山シーガルズの青白戦は、解説を河本監督がしてくださり、トッププレイヤーの皆さんのどこがどのようにすごいのか?などわかりやすく、そして楽しく教えて下さいました。

午後からのバレーボール教室では、岡山シーガルズの監督、選手の皆様から直接指導してもらう、という大変貴重な機会で、小中学生のバレーボールチームやママさんバレーボールチームが参加してくださっていました。1つアドバイスをしてもらうだけで、プレーに変化ができすぐに皆さん吸収していました。

オリンピック選手や全日本出場選手を目の当たりにして、さらに目指す目標も出来たのではないでしょうか。

開催にあたり、ご協力ご支援頂きました皆様、お忙しいスケジュールの中お越し下さった岡山シーガルズの皆様、教室に参加してくださったバレーボールチームの皆様、そして、観覧に来てくださった皆様、ありがとうございました。FBバレーボール教室2016