00038_366_3006916

11月29日(日)に、予定されていた「第2回伊勢志摩サイクリングフェスティバル」が開催されました!

参加者は1,018名となり、メイン会場の志摩スペイン村に集合してくださいました。 天候も晴れ、気持ちのよいサイクリングとなりました。

このイベントはタイムを競うタイムレースではなく、景色やグルメも楽しめるファンライドイベントです。 コース上には2箇所のエイドステーション(給水所)があり、 波切エイドステーションでは、「ところてん」と「あこや餅」のふるまいが、 そして安乗エイドステーションでは、「ふぐ汁」と「さわ餅」のふるまいが楽しめました。

海岸を通るコースや木々を通り抜けるコースなどアップダウンもあるコースで楽しんでいただけたのではないでしょうか。

ゴール地点となる志摩スペイン村では、ゴール後に「てこね寿司」と「あおさのみそ汁」もふるまわれ、参加者の皆様も暖をとっておられました。

選手の皆様へは、ゴール後にアンケートを実施させていただきましたところ、 沿道の声援を含め、運営やスタッフのおもてなしについて大変喜んでいただけました。 サミットを迎える地、志摩としてもこのイベントを通じてすばらしいおもてなしだとPRできたのでは、と感じております。

今後も志摩がサイクリストに優しい街として認知され、多くの来訪者につながり、地域活性、まちづくり、ひとづくりに繋がるよう取り組んでまいります。

イベントは、多くのボランティアスタッフの皆様、店舗の皆様、地元志摩市の皆様、関係者の皆様のご協力で開催することができました。  本当にありがとうございました。 そして、全国からお集まりいただいた選手の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

また来年、志摩でお会いしましょう!!