8月30日(日)に志摩市 阿児アリーナにて Vリーグで活躍する岡山シーガルズ バレー教室が開催されました。

普段は日本のトップリーグ Vリーグで活躍するプロ選手の練習風景、試合を観れるとあって、たくさんの方が来場してくださいました。

試合は、練習試合として、対志摩クラブ戦と、岡山シーガルズを青チームと白チームにわけて戦う「青白戦」が開催されました。 対志摩クラブ戦では、志摩市内のバレーボールチーム「志摩クラブ」との暑い戦いが開催され、どちらのプレーにも大きな歓声があがっていました。

午後からは、市内小中学校の部活やスポーツ少年団、バレーボールチームを対象とした「バレーボール教室」が開催され、ウォーミングアップから、ボールを使ったサーブ、レシーブ、トスなどの指導も行ってもらいました。 岡山シーガルズの監督をはじめ選手の皆様から的確なアドバイスをもらうとすぐに参加者からは、「わかりやすかった。とても貴重な体験で、参加できてうれしかった」という声もあがっていました。

プロの選手の練習やプレーを実際観たり、その指導を受けることは、競技力・技術の向上を目指せるだけではなく、夢や目標となりスポーツ活動を取り組んでいくことができます。

今回参加された皆様にも、それぞれ貴重な体験・経験になった事と思います。

開催にあたり、実行委員会の皆様、ご協力いただいていたスタッフの皆様、ご来場いただきました皆様、そして岡山シーガルズの皆様お疲れ様でした。ありがとうございました!