コラム第2回

 

さて、ここまでで 「スポーツとは何ぞや?」

ということがお分かり頂けましたでしょうか?

このように「スポーツ」の認識を幅広く捉えてみると・・

皆様も何らかの「スポーツ」をしていませんか?

また、 「する」 ことは出来なくても、

「観る」「支える」

のどちらかで、スポーツに関わりを持っていませんか?

子供がスポーツをしている親は、
普段は見ることが出来ない、我が子の様々な表情を見ることができ、
楽しませてもらっているはずです。

ユニホームを着て歩いている子供に

「おはようございます!(o^∇^o)」

と元気な挨拶をもらって
清々しい気持ちになったことがありませんか?

「頑張ってね!(^-^)」

何だか応援してあげたくなりませんか?

そう考えてみると、スポーツって「する」人より

「観る」人、「支える」人

の方が多くないですか?
・ ・・何だか疑問形ばかりですみません(笑)
でも、気付いてほしくって・・・

そう、私たち住民全員が、何らかの形で「スポーツ」と関わり、
スポーツ文化の担い手になるわけです。

それを自覚していただいたら、
次は「スポーツの持つ力」のお話をさせていただきたいと思います(*^-^)♪