コラム第1回

みなさんは「スポーツ」と聞くと

何を思い浮かべますか?

 

おそらくほとんどの方は、

 

野球・サッカー・バレー・バスケット・陸上・剣道・柔道・・・

 

以上の様な、競技スポーツを思い浮かべるのではないでしょうか?

そしてそれは一部の人がするものだと思ってはいないでしょうか?

 

 

・・・実は私もそうでした (笑)

 

 

だから、
「苦手な人には無理に押し付けたらかわいそうかな・・・
「別にスポーツしなくても生きていけるしな・・・」

そんな風に思っていました。

 

しかし、「’スポーツの力’とは何ぞや?」とお勉強させてもらった時、
スポーツをなめていた事に気付かされました。

 

そして
「‘スポーツの力’は、現代社会の様々な問題を問い直し、変革していく事ができるのではないか・・・」

そんな大きな希望さえ抱く事ができたのです。

 

志摩スポーツコミッションが提唱する 「スポーツ」 とは、

競技スポーツに限らず、
交流・余暇の楽しみ・健康づくり・生き甲斐など
人々が様々な目的を持ち、体を動かし欲求を満たす事。

これらを総称して「スポーツ」と呼ぶのなら、スポーツとは決してそれ独自の時空間の問題としてではなく、人間が生き、生活する事と深く結びつく、
「文化」 であると考えます。

人として生まれたからには、誰もが「健康で長生きしたい」と願うはず。

体と心を健康にしてくれるスポーツという文化を住民に定着させ、一人一人が心豊かな人生を送る事を夢見て
私たちはイベントをおこなったり、環境を整えたりしています。