SnapCrab_NoName_2014-1-6_18-12-53_No-00

新年あけましておめでとうございます。

さぁ、今年も皆様と一緒に 「スポーツの力」 について考えていきたいと思います。

皆さん、スポーツをただ消費するものだと思ってはいませんか?

「 時間と体力とお金がかかることを
 なんでわざわざ せなアカンのや 」

「 スポーツする位なら仕事したり
 寝とた方がいいわ 」

と、仰る方が私の周りにもたくさんいます。

「 そんなヒマ人のすることやっとる余裕ないわ」

 

・・・なるほど!!

この方達はスポーツの価値に気付いてないどころか、

「忙しい人は出来ないものだ」

と思っているんだ!!!

 確かに、スポーツを 
「する」「観る」「支える」 ことは
時間と体力とお金を消費します。
しかし、身体的幸福や自由という無形の価値を生産する営みであるという事を私達は知っています。

スポーツをただ消費するものではなく、 

「 楽しみを生むもの 」

との意識が高まれば、人々の必要性は欲望に進化し、例えば購買意欲の高まりによって消費を導くという事や、広告や宣伝のメディアにおいても
「健康・活力・公正・明朗・責任・友愛・親善」等々の
現代社会で望まれる徳性を象徴的に帯びているスポーツは、経済活動の極めて需要なマーケティング戦略になるはず。

従って、スポーツの発展には、それを支える豊かな経済基盤と、社会意識の成熟が必要なんですね。

ここまでで、スポーツの持つ政治的・経済的効果は、おわかり頂けましたでしょうか?

さて次回は、いよいよ 「人を育む力、人をつなげる力」
目には見えないけど、スポーツが与えてくれる「大きな力」のお話です。

またよかったら楽しみにしていて下さい♪